じんましん(蕁麻疹) 原因と治療法のTOPに戻る
「じんましん(蕁麻疹) 原因と治療法」トップ >  じんましんの基礎知識 > じんましんの合併症「血管神経性浮腫」

じんましんの合併症「血管神経性浮腫」

じんましんの合併症には、血管神経性浮腫が挙げられます。
血管神経性浮腫とは、皮下組織、皮膚の真皮深層、粘膜下組織に生ずるむくみです。クインケ浮腫とも言われ、じんましんと合併して出現することが多いとされています。

血管神経性浮腫の特徴

血管神経性浮腫は発生頻度の高い症状で、じんましん患者の半数近くにみられると言われています。年齢は男性、女性の30〜40代に多いと言われ、気道に生じた場合、生命に危険を及ぼす呼吸困難になることもあります。

血管神経性浮腫の症状

血管神経性浮腫の主な症状は、まぶたや唇などに、直径数センチのむくみが現れます。数時間から、長くても3日ほどでむくみは消えますが、血管神経性浮腫は再発を繰り返すのが特徴です。
通常はかゆみや痛みなどはなく、表面には張りがあり、押さえても引っ込まず、数は1度に数個程度です。むくみの出る場所は、胃や喉の粘膜がむくむこともあり一定ではありません。

血管神経性浮腫の原因と治療

血管神経性浮腫は胃に発生した場合は、腹痛や嘔吐、下痢などを起こすことがあります。のどに発生した場合は呼吸困難を起こすことがあり大変危険です。また血管神経性浮腫の原因は、なぜ起こるのか、詳しいことはわかっていませんが、血管神経の異常が原因とされています。
治療法は、変調療法といって、自律神経の働きが関与している場合、自律神経を調整する治療を行います。減感作療法は、アレルギーが関与していると思われる場合に行い、アレルギーの元になっているものに、からだを少しずつ慣らしていく治療法です。

関連コンテンツ

ピロリ菌とじんましんの関係

ピロリ菌といえば、最近特に話題になっていますね。 名前だけは可愛いのですが、慢性的に吐き気がしたり、食欲がなかったり、胃が痛かったり、便通が悪かったりという症状を引き起こす恐ろしい菌です。それだけで・・・

じんましんで出来る膨疹や腫瘤、びらん

膨疹(ぼうしん)とは皮膚がやや盛り上がった状態になり、薄いピンク色になります。真皮の上層にしか発生しないのが特徴で、盛り上がった部分は柔らかく、短時間消えてしまいます。膨疹は、学術的には一過性の浮腫、・・・

じんましんの斑と水疱

じんましんによって出来る斑(まだらやぶち)のことについてお話します。斑の皮膚の症状は、皮膚の表面の色が変化します。 斑は色によって分類されますが、1つではなく症状により複数同時に発生することもあ・・・

頭部にできる皮膚疾患

頭部にできる皮膚疾患として、コリン性じんましんは、発汗刺激で発症するじんましんなので、頭部にもじんましんができます。 運動、入浴、ストレスによる発汗で起こるじんましんは、かゆみ、皮膚の赤味、わずかな・・・

子供や赤ちゃんのじんましん

子供や赤ちゃんに、じんましんが出ると大変痒がり親御さんはさぞかし心配のことと思います。子供や赤ちゃんの場合でも、幼児や乳児はじんましんの痒みで無意識に掻きむしってしまいますので、寝るときなどは手袋をは・・・

じんましんの原因(食べ物以外)

じんましんの原因は食べ物だけではありません。こする、つねる、かく、刺す、触れるなどで直接皮膚に刺激を与えた場合も、じんましんの原因になります。特に動物の毛や昆虫、化学物質、外用薬、金属などでじんましん・・・

じんましんの原因(食べ物)

じんましん(蕁麻疹)の原因は、その症状を診断しただけでは原因を特定するのは難しい場合が多いのです。 なぜならば、人それぞれの体質の問題もあることから、じんましんの原因を特定できないのが現状です。 ・・・

じんましんの症状について

じんましんの症状じんましんの症状は、まずかゆみを伴うのが基本で、赤いぶつぶつの症状が現れます。突発的に赤みがかったミミズ腫れや、蚊に刺されたようなふくらみ(膨診)、部分的に大小様々な皮疹が現われます。・・・

じんましん(蕁麻疹)とは?

じんましん(蕁麻疹)とは、皮膚の浅い層に皮疹(ブツブツや赤み)や大小様々な部分的なむくみ(膨疹)が現われ、その部分が強いかゆみを伴う症状をじんましんと言います。 症状によって痒みや痛みを伴うじんまし・・・